「石橋財団コレクション選」展 (アーティゾン美術館)

f:id:karasumagaien2:20201017184728j:plain

 

石橋財団コレクション選

 ■2020年6月23日〜10月25日
 ■アーティゾン美術館

 

アーティゾン美術館では4階から6階までの3つある展示フロアの内、4階部分を常設展示室として運営するようです。
今回のコレクション展ではおなじみの名画に加えて女流印象派とクレーの作品が特集されていました。クレーは積極的に収集していく方針らしく、新収蔵を含め充実した作品群が展示されています。


ブリジストン美術館と比べ、全体に明るく、天井が高くなった分、開放感があります。他方、日本・東洋美術のコーナーは真っ暗といってもいいほど照明が抑えられ、漆黒の無限空間に陶磁器や屏風絵が浮かび上がります。これは新体験でした。


今回は特にカイユボットの「ビアノを弾く若い男」がお気に入りに。これはアルトゥール・ピサロが弾いたカバレフスキーピアノ曲集ジャケットに使われていた一枚。名演です。

 

 

 

f:id:karasumagaien2:20201017184750j:plain