伊東忠太 祇園閣

f:id:karasumagaien2:20210118220043j:plain

 

円山公園の南、高台寺に向かう坂を上がっていくと、突然摩訶不思議な楼閣が目に入ってきます。
伊東忠太設計による祇園閣。
施主は大倉喜八郎。1927(昭和2)年に建てられた、れっきとした鉄筋鉄骨コンクリート造りの近代建築。

 

同じく伊東による本願寺伝道院もそのハイブリッドな異形さによって十分周囲から浮いているのですが、この祇園閣の突出ぶりもかなりのものです。
現在は大雲院というお寺の境内にあるので、仏教関連建築のように見えます。しかし元は大倉喜八郎の別荘内に、彼の完全な個人的趣味で建てられてしまった高層建築。寺院建築とは関係ありません。城の石垣を模したような台座にマッスを主張するコンクリートの斗栱。そして祇園祭の山鉾を模したような屋根の意匠。
伝道院が一応保険会社のオフィスビルという用途をもって建てられていたのに対し、祇園閣には厳密にいえば「使いみち」がありません。一個人の趣味を満たす望楼にすぎない。建築としての意味がとても曖昧なのです。だから、余計、不気味さが漂う。

 

f:id:karasumagaien2:20210118220122j:plain

 

「京の三閣」といえば鹿苑寺金閣慈照寺銀閣西本願寺飛雲閣。これに大徳寺芳春院呑湖閣と東福寺開山堂伝衣閣を加えて「五閣」とすることもありますが、いずれにせよ、祇園閣はその規模と強烈な存在感にもかかわらず、これらには含まれません。「金閣銀閣」についで「銅閣」をもくろんだという大倉の洒落はどうやら通用しなかったことになります。
隣に建つタバコ王・村井吉兵衛の「長楽館」が纏う西洋風デザインの方がまだ周囲の景観と馴染んでいるくらい、祇園閣の放つ雰囲気は異例です。
法隆寺から大陸の建築意匠まで、建築史家としての確かな眼をもっていた伊東忠太祇園閣でも、台座・組物・屋根とそれぞれしっかり様式の核をあらわしている。だからこそその三様が組み合わされた時、とてつもなく説得力のある異形なキメラ的建築が出来上がってしまったように思えます。

 

大倉喜八郎という人の建築趣味は、同じく伊東忠太による赤坂の「大倉集古館」同様、周囲のことはおかまいなしというところがあります。それが伊東のとんでもないセンスと相まって、まともに祇園閣に反映されてしまっている。しかし、伊東忠太の建築語法は全体として見ると奇天烈さが目立ちますが、細部はとことん真面目に様式性を守っています。だから、周囲とハレーションをおこしながらも一定の建築価値をもって屹立しているように感じます。

f:id:karasumagaien2:20210118220409j:plain

大倉集古館

大雲院がなぜ祇園閣をその境内に抱えているのか。
織田信長・信忠父子の菩提を弔うために建てられた由緒を持つお寺。四条河原町からこの地に移ってきたのは1972(昭和47)年。寺の長い歴史から見ればつい最近。
大倉家から高島屋の所有に移っていたこの別荘地を、河原町の地所と交換する形で祇園閣もろとも手に入れたというのがその経緯。高島屋は大雲院の跡地を利用して現京都店の増床を成し遂げたことになります。
寺としてはこのユニークな難物をあまり目立たせたくなかったのか、現在、祇園閣の周りにはかなり高い生垣などが回らされていて、特別公開の機会がなければ拝観もできません。


でも、祇園閣の屋根から伸びる尖塔の先に舞う鶴は、八坂神社の境内からもしっかり確認することができます。

しぶとい伊東忠太、です。

f:id:karasumagaien2:20210118220454j:plain

f:id:karasumagaien2:20210118220512j:plain