ピエール・エテックスとジャン=クロード・カリエール

 

ザジフィルムズの配給で、「ピエール・エテックス レトロスペクティブ」が各地のミニシアターで上映されています。

渋谷のイメージフォーラムでは好評を受けて当初予定より期間が延長されました。

エテックスの主要作品、長編4本&短編3本をバランス良く組み合わせ、4回に分けて上映する企画。

全部鑑賞してみました。

驚きの連続でした。

 

www.zaziefilms.com

 

破局」(1961)、「幸福な結婚記念日」(1961)、「恋する男」(1962)、「ヨーヨー」(1964)、「健康でさえあれば」(1965)、「絶好調」(1965)、「大恋愛」(1968)の計7本。

この内、「恋する男」のみ、フランスでの公開直後、日本でも上映されているそうですが、他は全て今回が本邦初公開。

その「恋する男」も60年前の公開ということを考えると、本来、「レトロスペクティブ」と題するのはおかしいような気もします。

誰も「回顧」できない、ほとんどの日本の観客にとっては初のエテックス体験となるはずですから、この企画はむしろ「新作」の特集上映とみた方が良いかもしれません。

私自身、全く知らない映画監督でした。

 

ピエール・エテックス(Pierre Étaix 1928-2016)の監督した作品は権利関係の問題から長らく上映やソフト化が不可能な状況が続いていたのだそうです。

2010年、ゴダールをはじめとする映画人たちの署名運動が奏功し、ようやく法的な問題が解決。

保管状態が悪かったというフィルムにリマスタリング処理を施し、復活させています。

各作品の上映前にその経緯がテキストで紹介されていました。

サウンドトラックを含め、モノクロ、カラー、それぞれにリストアは大成功をおさめているといって良く、鑑賞に支障は全くありませんでした。

 


www.youtube.com

 

全て、一見、軽妙なコメディ映画です。

館内では時折、笑い声も聞かれました。

しかしそうした素直な善男善女とみられる観客の皆さんとは違い、私はほとんど笑うことができませんでした。

笑いの沸点が高い人間だから、というわけではありません。

その映像と筋書の構成があまりにも異様に仕上げられているので、笑う前に唖然としてしまったというのが正直な感想なのです。

 

ほとんどの映像作家が、撮影を開始する前に、ある程度「絵コンテ」的なイメージを作っていると思います。

その事前イメージを頑なに守ろうとする監督もいれば、現場の即興性を大事にする人もいて、たいていは絵コンテ的事前イメージと現場感がブレンドされて映画になっていく。

 

ところがエテックスの場合、ほとんど全ての映像が、あきらかに「絵」そのものであるかのように事前イメージの型によって支配されていて、全く隙が見えないのです。

彼の映像を静止画像として切り取ってみた場合、どのシーンも見事に「絵」として成立するように感じます。

徹底的に事前イメージがまず完成されているのです。

下手をすれば窮屈で窒息してしまいそうな映像表現。

それを回避している秘密は、ほぼ全ての作品に出ずっぱりで主役を演じているエテックス自身の身のこなし、その恐るべき身体能力の高さに一因があると感じます。

平均的なヨーロッパ人の男性としてみた場合、エテックスはそれほど長身とは見えないのですが、しなやかな体幹の動きと洗練された所作によって、彼の身体自体で映像を動かしていってしまう。

かっちり固められた一コマ一コマのイメージが、まるでレガート奏法でつながれたように滑らかに流れていきます。

全てがスタイリッシュに構成された映像なのに、そのスタイリッシュさを第一の価値とはせず、あくまでも生身の身体表現によってコメディにしてしまうその仕上げ方に、「笑う暇がない」状態になってしまったのかもしれません。

 


www.youtube.com

 

そして、もう一つ重要な要素が、シナリオです。

名脚本家、ジャン=クロード・カリエール(Jean-Claude Carrière 1931-2021)が、全ての作品で協働。

エテックスは、各作品の中で、ときに空想と現実の合間を自在に行き来するように主人公を演じていきます。

その代表的なシーンが「大恋愛」における、「ベッドカー」でのドライブシーンということになりますが、この摩訶不思議な場面展開は、ルイス・ブニュエルの後期作品、例えば「銀河」「ブルジョワジーの密かな愉しみ」「自由の幻想」「欲望のあいまいな対象」等にとても近しい雰囲気を感じます。

 

周知の通り、カリエールは後期ブニュエルを支えた脚本家です。

カリエールのエテックスとの出会いはブニュエルに先んじていますから、どちらがどちらに影響を与えたのかはわかりません。

さらにもともとブニュエル自身が若い頃はシュルレアリストとしての一面ももっていたわけで、カリエールが全面的にアイデアを支配していたわけでもないでしょう。

しかし、虚実の世界を自由自在に往来するエテックスと後期ブニュエルに共通した要素の生成に、一役、絡んでいたのがこの脚本家ではなかったのか、とも想像してしまうのです。

また、例えば、これもカリエールが仕事をした、フォルカー・シュレンドルフの「ブリキの太鼓」の有名なシーン、ファシストが催した決起集会のはずが、次第にシュトラウスのワルツにのってみんなで踊り出してしまうあの場面。

なんともユーモラスなそのイメージの流れはエテックス映画の語法と酷似しているようにも感じます。

 


www.youtube.com

 

イラストレーターとしても才人であったエテックスは、おそらく映画制作における「絵コンテ」の達人でもあったと推測できます。

その彼の頭の中で構築された明瞭な事前イメージと、カリエールが構成した機知と幻視性を兼ね備えたシナリオ。

それを「コメディ」として生き生きと組み合わせて再現していくエテックスによる曲芸的な身体表現の素晴らしさ。

ある意味エテックスの師匠とも言えるジャック・タチが創造した非の打ち所がない完璧主義コントの世界とはまた違った味わいがありました。

 

 

東本願寺 大寝殿と白書院 特別公開



京都駅前の大伽藍、真宗本廟東本願寺の境内。

その中心となる建造物である壮麗な御影堂の北側にもかなり広い寺域をもっているのですが、通常は関係者しか立ち入ることができない非公開エリアとなっています。

 

2023年「京の冬の旅」企画では、その非公開区域の一角、大寝殿(おおしんでん)と白書院が特別公開されています(2023年1月7日〜3月16日)。

滅多にない機会なので覗いてみることにしました。

なお、この「京の冬の旅」では写真撮影NGな寺社が大半なのですが、東本願寺では気前よく、今回公開されているエリアの全域で撮影OKとなっています。

「京の冬の旅」非公開文化財特別公開 東本願寺 大寝殿・白書院|【京都市公式】京都観光Navi

 

御影堂門から入って右(北側)、参拝接待所の前に設けられた受付で見学料を支払い、高松伸にしては極めて控えめなデザインで設計された接待所ギャラリーを抜けると大寝殿が姿を現します。

意外なことにこれが東本願寺最古の建造物です。

1864(元治元)年の「禁門の変」でこの寺院はほぼ全焼してしまいました。

寝殿は、御影堂や阿弥陀堂の再建(1895年)に先んじ、いち早く、1867(慶応3)年に新造されています。

元号が明治に変わる直前、江戸時代最末期の遺産です。

古典的な近世様式の建物で大きな特徴があるわけではありません。

多数の門徒衆を一挙に収容するためかシンプルに広い面積の確保が優先されています。

 

竹内栖鳳「古柳眠鷺」

 

見どころは二つあると思います。

第一に、広間の奥に描かれた竹内栖鳳による障壁画です。

1939(昭和9)年の制作。
三面から成る作品。
向かって右(北側)から「風竹野雀」、「歓喜」、「古柳眠鷺」と題されています。

大きな空間を意識して、栖鳳にしてはざっくりとした筆で描かれた「風竹野雀」と「古柳眠鷺」に対し、真ん中の「歓喜」では対照的に小さな雀たちが彩色豊かに写実を尊んで描き込まれています。

栖鳳はこれ以前に、御影堂門楼上内の天井画を引き受け、「飛天舞楽図」を描こうとしたものの、結局断念するというちょっとスキャンダラスな一件を起こしていますが、東本願寺自体との関係は良好に継続していました。

この大寝殿に残る障壁画は、未完となった縦8メートルに迫る天女たちの下絵とともに東本願寺に残された栖鳳の貴重な遺産となっています。

竹内栖鳳「風竹野雀」



寝殿エリア、第二の見どころは、この建物自体ではなく、そこから眺める「菊の門」ともよばれる「勅使門」です。

設計は京都府技師、亀岡末吉(1865-1922)。

この門は烏丸通に面して建っていますから境内の外から間近にいつでも観ることができます。

しかし寺の内側から眺めることができるのは通常時、関係者だけ。

今回は高松伸によって整備された大寝殿前のコンクリート打ち放し空間を手前に「勅使門」を別のアングルから鑑賞することができました。

ただ、最近メンテナンスが完了して往時の輝きを取り戻した「阿弥陀堂門」(重文)に比べ、こちらの門はやや傷みが目立つように感じます。

当初の図面をみると、門の外装は黒漆で覆われ、西本願寺の国宝唐門を意識したような華麗な彩色装飾が施されていたと推測されます。

その輝きを取り戻すことは費用的に今や困難かもしれませんが、一部剥離しているようにも見える檜皮葺の屋根などはそろそろ修繕した方が良いのではないか、と余計な心配をしてしまいました。

亀岡末吉 東本願寺 勅使門(内部からの眺め)

 

さて、華麗な勅使門の設計者、亀岡末吉によるもう一つの建築物が今回公開されている「白書院」です。

1911(明治44)年の竣工、施工したのは同じく東本願寺御影堂門を設計施工した市田辰蔵です。

桁行九間、梁間六間半の規模をもつ、おそらく市内に現存する亀岡建築では最大級の建物。

しかし、優美な「亀岡式」で埋め尽くされていることで知られる仁和寺宸殿の仕様に比べると、東本願寺白書院は、その質実さが印象的です。

亀岡末吉 東本願寺 白書院

質実とはいっても、欄間にみられる繊細な細工の数々には亀岡らしいセンスが感じられ、小壁にいちいち書き込まれた藤のみせる装飾性豊かな表現と結合し、ユニークな空間が現出しています。

豪華な金箔で覆われた上段の間は格調高く書院造のスタイルを踏襲。
帳台構や違棚などにも亀岡の趣向が取り入れられているようです。

亀岡は建築家ではありますが、もともとは東京美術学校(現在の東京藝大)で日本画を学んだ人です。

建築装飾だけではなくこの白書院では絵画面をも実質的に監督していました。

白書院を彩る障壁画類は幸野楳嶺(1844-1928)の長男森本東閣と同じく次男の幸野西湖、そして谷口香嶠の弟子であった伊藤鷺城といった楳嶺系の画家たちが亀岡の指図に従って描います。

実は楳嶺本人も白書院に付随する能舞台の鏡板に松を描いていますが、白書院竣工時、すでにこの巨匠は亡くなっていますから時代が合いません。

実は能舞台は昭和に入ってから、明治時代に仮に建てられていた舞台を移築したものです。

残念ながら楳嶺の松は保存を優先し、板で覆われているため、観ることはできません。

東本願寺 能舞台



東本願寺の非公開エリアには大寝殿や白書院とは別に、同じく亀岡末吉による「黒書院」や、武田五一の設計による建築が残る「内事」とよばれる事務所棟があるのですが、こちらの一般への公開はまず難しいとみられます。

ただ「内事」についてはつい最近、2020年に「真宗本廟東本願寺内事建築群総合調査報告書」という詳細なレポートが出版されているので、実見はできないものの、おおよその雰囲気は確認できると思います。

ci.nii.ac.jp

 

東本願寺ではまもなく、3月25日から宗祖親鸞の生誕850年などを祝う「慶讃法要」の大イベントが予定されています。

その前の静かなこの時期、じっくり見学することができました。

 

亀岡末吉 東本願寺 白書院内部



白書院欄間の一部

白書院 違棚

 

白書院 帳台構