クルーゾーの「地獄」(ロミー・シュナイダー映画祭)

 

今年2022年はロミー・シュナイダー(Romy Schneider 1938-1982)没後40年。

この大女優を特集した映画祭がBunkamuraル・シネマを皮切りに各地のミニシアターで開かれています。

romyfilmfes.jp

 

6本中、2作品が日本劇場初公開。

その内の一本、「地獄」は2009年に公開された一種のドキュメンタリー映画です。

原題は"L'Enfer d'Henri-Georges Clouzot "、「アンリ=ジョルジュ・クルーゾーの『地獄』」。

"L'Enfer"(地獄)は、1964年、すでに大監督としての名声を確立していたアンリ=ジョルジュ・クルーゾー(1907-1977)が、青天井ともいえる予算措置を得て取り組んだものの、結局未完成に終わった映画。

2009年の「地獄」は、テスト撮影を含む、その未完のまま残されたフィルム素材を中心に、当時製作に参加していたスタッフやキャストの証言、クルーゾー自身をとらえたインタビュー映像などで構成されています。

監督はセルジュ・ブロンベルクとルクサンドラ・メドレア。

ブロンベルクが故障で停止してしまったエレベーター内に2時間も閉じ込められてしまうというアクシデントにみまわれたとき、偶然、クルーゾーの未亡人(2番目の妻)がそこに乗り合わせていたのだそうです。

この出会いをきっかけにブロンベルクは未亡人を説得、45年ぶりに「地獄」の映像が日の目を見ることになりました。

まさに「地獄」で「地獄」の蓋が開くような奇跡の邂逅です。


www.youtube.com

 

1964年の「原盤」としての「地獄」は、エッフェルが設計したことでも有名な鉄道観光名所、ガラビ高架橋とその下に広がる人工湖が舞台。

湖畔でホテルを営む夫妻が主人公です。

夫(セルジュ・レジアニ)が、ロミー・シュナイダー演じる妻に妄想ともいえる異様な疑念を抱き、頭がイカれていくというプロット。

狂気に冒された夫の精神世界が「地獄」ということになるのですが、このセミドキュメンタリーでは、監督のクルーゾー自身が、まさに地獄の中にいた、あるいは地獄そのものを作り出していたのではないと思われるくらい、大混乱の様相が繰り広げられていきます。

 

ヌーヴェル・ヴァーグが台頭し、おそらく次第に旧弊側の映画人になろうとしていることを十分自覚していたクルーゾーは、この映画で、とにかく「新奇さ」を極端に取り入れようとします。

複眼的なカメラ技法、奇妙に伸縮を繰り返す映像など、凝りに凝ったアクロバティックな撮影で幻視世界の再現に挑戦。

しかし、それは若い世代が撮りあげた、真の意味での「新しさ」とはほど遠い、手段が目的化してしまったような痛々しい映像の断片。

幸か不幸か、サウンドトラックは残されませんでした。

しかし、音楽には当時絶頂期にあった電子音楽の作曲家、ジルベール・アミが参加していて(本人が証人として登場)、おそらく実現していたら、さらにカタストロフ的に尖った音響が映像に組み合わされていたと想像されます。

 

中でも、色彩を反転させる効果を得るために、俳優たちにグレーのメイクを施し、緑色の口紅をつけさせて撮られた湖上での水上スキーシーン。

出来の悪いホラー映画にすらなっていない、なんとも言えない珍妙な映像が連続しています。

気の毒なのは俳優陣やスタッフたち。

いつまでも同一シーンの撮影にこだわり続け、ほとんど進行していかない現場。

クルーゾーの執拗な演出指導(というか、嫌がらせ)に疲れきったレジアニは勝手に降板して撮影現場からいなくなってしまいます。

 

 


www.youtube.com

 

ロミー・シュナイダーは最後までつきあっていたようです。

クルクル回るサイケで強烈な色彩とライトの明滅に対して瞬きすることも許されずに晒されるなど、過酷さが伝わってきますが、立派なのは、全く疲弊している様子などを見せず、カメラに向き合っているところ。

このおよそまともとは思えない奇天烈演出のおかけで、美しさと気品に満ちた若き大女優(当時26歳)の、他ではみることができない、「肖像」がたっぷり記録されることになりました。

撮影には名カメラマン、ウィリアム・リュプチャンスキーも参加していました(この名匠も証人として登場。出演の翌年、2010年に亡くなっています)。

クルーゾーに振り回されながらも、きっちり仕事に徹したカメラによって記録された断片映像のクオリティそれ自体は高く感じます。

そこがさらにこの未完作の痛々しさを増幅させている皮肉。

 

また、特に印象的だったのは、美術スタッフが証言していたクルーゾーの「完璧主義」ぶり。

まず膨大な数の絵コンテが制作され、それと寸分違わない構図(「ミリ単位」)での撮影が要求されたのだそうです。

制作が放棄された「地獄」の翌年、クルーゾーはヘルベルト・フォン・カラヤンの招きで彼の指揮姿を収めた映像を数篇、撮っています。

 


www.youtube.com

 

カラヤンはその後、自らが映像監督となって、ベルリン・フィルベートーヴェン交響曲演奏等を積極的に映像化。

徹底して作為的にとらえた映像群は冷笑を伴った評価をされてきましたが、その仕上げ方は、まさにクルーゾーが好んだ「絵コンテ徹底再現」手法そのものともいえます。

ボーイングの角度が異様に整えられた弦楽器群や、目まぐるしく切り替わる管楽器のわざとらしいクローズアップなど、新奇さと「最初にまず絵ありき」の思想で撮影に臨んでいたとみられるカラヤンの中には、自身を映像化してくれた監督クルーゾーの影響が濃厚にあったのではないか。

そして思い返せば、この大指揮者も「完璧主義」で知られた人物でした。

あまりにも実験的作為に満ちたカラヤン「監督」による1960〜70年代映像作品は、今やトンデモ系の価値観で一部再評価されていますが、クルーゾーの「地獄」も仮に完成していたなら悲惨な大失敗作の烙印を超越し、現在ではカルトムービーの一種として歓迎されていたかもしれません。

 


www.youtube.com

 

クルーゾーは不眠症に悩まされていたことを当時の映像の中で語っています。

「地獄」で嫉妬に狂う男も眠ることができず、夜中に異空間を彷徨い苦しみ続けています。

狂気の地獄を撮ろうとした監督自身が、周囲の人々を巻き込みながら、本物の地獄を作りあげてしまった未完作"L'Enfer"。

クルーゾーは、監督自身の混乱を映画にしてしまったフェリーニの「8 1/2」に衝撃を受けていたのだそうです。

ひょっとすると、精神的混乱期にあったクルーゾー自身、フェリーニと同じ手法で映画を撮りたかったのかもしれません。

しかし、結果としては自ら生み出そうとした映画に呑み込まれ窒息してしまったかのようです。

 

撮影の最中、クルーゾーは心臓麻痺を起こし、緊急入院。

そのまま映画の制作も中止されました。

 

北脇昇「眠られぬ夜のために」(京都市美術館)

 

 

 

 

 

フィン・ユールの椅子

フィン・ユールとデンマークの椅子

 ■2022年7月23日~10月9日
 ■東京都美術館

 

今年の夏、ほぼ同時期に、都立の美術館2館が揃って「椅子」を特集しました。

東京都現代美術館のジャン・プルーヴェ展に続き、上野でのフィン・ユール&デンマーク椅子展を鑑賞。

いずれもとてもレベルが高い企画展。

共通点と相違点、それぞれの面白さもあって楽しめました。

 

プルーヴェ展は、八木保とパトリック・セガン、二人の強力な外部キュレーターが中心となって企画されていて、現代美術館はどちらかというと「場所の提供」に徹していた感じ。

 

それに対し、本展は小林明子学芸員が図録の中で語っているように、この美術館自身とフィン・ユール(Finn Juhl 1912-1989)のつながりという、内発的なアイデアから企画がスタートしています。

今からちょうど10年前、2012年に完了した都美リニューアル工事によって新しく誕生したスペース「佐藤慶太郎記念 アートラウンジ」。

そこに置く椅子に選ばれたのがフィン・ユールとイブ・コフォート・ラーセンによるデンマーク家具でした。

都美に彼らの作品を推薦したのは前川建築設計事務所
美術館の設計自体を担った前川國男の流れを汲み、リニューアル工事も担当したオフィスです。

このアートラウンジは地下にエントランスをもつ都美で、来場者が一番初めに目にする、実質、この建物の顔ともいってよいスペース。

アートラウンジ誕生10周年記念の意味も込められた特別展なのかもしれません。

プルーヴェ展はパトリック・セガンと前澤友作、主に二人の個人コレクターによる作品で構成されていました。

 

フィン・ユール展も元々は個人蔵の作品がその大半を占めています。

本展におびただしい椅子の数々を出展しているのは北海道東川町。

higashikawa-town.jp

天人峡温泉や湯駒荘など、温泉宿目当てで数回訪れたことがある町ですが、近年は「写真の町」として売り出し中なのだとか。
知りませんでした。

しかし、この町には最近、もう一つ名物が加わっています。
インテリア、デザイン好きにはこちらの方が有名かもしれません。

「織田コレクション」です。

椅子コレクターで知られる織田憲嗣東海大名誉教授によるこの膨大な収集品は、2017年、東川町の公有財産になっています。

本展はその中から上野に運ばれた作品でほぼ満たされていますから、実質、織田コレクション・デンマーク編の引っ越し展覧会。

都内でこれだけまとまってコレクションが披露される機会は初めてなのだそうです。

odacollection.jp

 

フィン・ユール イージーチェア No.45

ほぼプルーヴェ一人を特集していたMOT展に対し、本展ではユールだけではなく、近代デンマーク家具の流れもあわせてたっぷりと紹介されています。

面白いのは、現在非常に知名度が高くデンマーク家具の代名詞みたいに扱われているユールが、クリントを中心としたデンマーク・デザインの主流派とは一線を画し、むしろ反目しあっていたという歴史。

いわゆる、「クラフト」に足場を置いて制作していた主流派に対し、ユールはアルプなどの現代彫刻に大きな影響を受けています。

家具職人的な修行プロセスも経ず、いきなりアート的な見地から造形を主張したユールは、伝統的なクラフトマンシップから出発している主流派には鼻持ちならない存在でもあったのでしょう。

デンマーク・デザインと十把一絡げ的にみてしまいがちでしたが、本展で認識が変わりました。

ユールの代表作である「イージーチェア No.45」にみられる、ため息が出そうになるほど美しいその曲線美。

機能性とデザイン性を高次で統合するというデンマーク・デザイン本流との共通点を持ちながらも、その美意識はちょっと「クラフト」を超えているような印象を確かに受けます。

何より、全く古びないスタイル。

プルーヴェの椅子がどことなく「工作物」としての強靭さを放つために置く場所をかなり選ぶのに対し、ユールのNo.45は、どちらかというと汎用的にさまざまなリビングに溶け込む雰囲気を持っています。

このイージーチェア、当然に欲しくなるのですが、お値段は100万円のオーダーを下りません。

 

会場には鑑賞者が作品に座って体感することができるコーナーが設営されていました。

これは当然に織田コレクションではなく、家具販売代理店企業数社の協力によるもの。

ユールのNo.45やクリントの「フォーボーチェア」など実際に座ってみるとますます欲しくなってしまうものばかり。

プルーヴェ展とは違い、物欲をいたく刺激される展覧会でした。

 

 

https://www.tobikan.jp/finnjuhl/