帝国奈良博物館の誕生 (奈良国立博物館)

f:id:karasumagaien2:20210316232704j:plain

特別陳列「帝国奈良博物館の誕生」設計図と工事録にみる建設の経緯

 ■2021年2月6日〜3月21日
 ■奈良国立博物館

帝国奈良博物館(現在の奈良国立博物館「なら仏像館」)の設計者、片山東熊直筆の卒業論文が最初に展示されています。とても几帳面に書かれた英語の文章。1879(明治12)年、工部大学校に提出されたこの論文を審査したのはジョサイア・コンドル。コンドルの講評が卒論の横に添えられています。

コンドルは片山による英文の美しさを褒めつつも、その内容が、課題(「日本建築の将来」)に対する個別の探求よりも「建築一般に重きをおいている」とコメント。要するに具体性に欠けた教科書をなぞったような回答だと言っているわけで、かなり手厳しい評価といえます。
片山がコンドルの評価をどのように受け止めたのか、この展示では明らかにされていません。しかし明治期の皇室建築家として内匠頭にまで任じられ数々の華麗な西洋風建築を残した片山の作風を考えると、一面において、鋭い指摘だったといえなくもありません。
この建築家の作品はパーマネントな美しさを持つ傑作であると同時に、その後、日本におけるその様式の継承者を全く生み出さなかったという点で、コンドルの言う「建築一般」、つまり当時の西洋建築手法を写したあまりにも優れた模範回答の域にとどまってしまったようにも思えます。

 

今回の特別陳列では、帝国奈良博物館の設計図を中心にこの建築が建てられた経緯、携わった人々の足跡を丁寧にトレース。現「なら仏像館」として残る建築自体が国の重要文化財ですが、一連の設計図も附属品として重文指定されています。前後期に分けてこの図面をたっぷり開陳するという意欲的な企画です。

 

設計者の片山東熊に当然スポットがあてられてはいます。しかし、今回の特別陳列が面白いのは、片山と共にこの博物館を実際に造りあげていった組織、人物にも、しっかり焦点を合わせているところ。

1894(明治27)年竣工、翌年4月に開館した帝国奈良博物館の工事を請け負ったのは二代清水満之助。清水建設の前身「清水」の四代目当主。
ほぼ同時期に建設された帝国京都博物館が、当初請け負った日本土木会社(後の大成建設)の中途解約によって内匠寮直轄工事になってしまったのに対し、奈良では清水が請負工事を最後までまっとうします。
しかし、昔ながらの慣習を重んじスケジュールなどお構いなしにお祭り等で休業する地元職人たちの気風や、湿気を嫌う煉瓦の積み上げが悪天候で邪魔される等、とてもスムーズに工事が進んだとはいえない。さらに度重なる設計変更の要請。当然に工程表の通り工事は進まず、二度も落成日の延期を清水は願い出ることになります。「工事録」には設計変更によるコスト増の明細など生々しい記録が残されています。

 

片山と共に実質的な設計にあたった宗兵蔵。実務優先の人だったらしく、片山のように名前が残る作品がほとんど無いため影が薄い存在。でも奈良と京都の博物館設計におけるかなりの部分はこの技術者が腕をふるった成果によることが図面に残る夥しい宗の印から推測できます。
九鬼隆一の強い使命感に裏打ちされた施策とはいえ、いきなり京都と奈良に本格的な近代博物館を一気に同時建設するというプロジェクトはかなり無理があったように思われます。関係する技師たちは京都と奈良を幾度となく往復したのだとか。宗兵蔵のような優れた実務設計者の存在がこの難事業遂行には不可欠だったのでしょう。

 

奈良と京都。二つの旧帝国博物館を見比べてみると、奈良は京都のほぼ二分の一の規模。
赤い煉瓦の華麗さが印象的な京博に比べ、奈良博はクリーム色が支配し、建物自体はかっちりとした構成なのにどこか軽やかな風情があります。
立派な塀に囲まれた京博に対し、奈良博には囲いがありません。どうやら予算制約から門扉すらうやむやにされて造られなかったようなのですが、この奈良博独特の軽さが春日山若草山の緑を背景に取り込んで爽快に呼応する効果につながっています。鹿も縦横無尽に博物館の敷地へ入り込んでくつろいでいる。結果的に最も開放的な魅力を持った国立博物館になっているように感じます。

 

f:id:karasumagaien2:20210316232750j:plain

 

f:id:karasumagaien2:20210316232857j:plain

www.narahaku.go.jp

「小村雪岱 スタイル」展 (三井記念美術館)

f:id:karasumagaien2:20210302225549j:plain

 

小村雪岱 スタイル 江戸の粋から東京モダンへ

 ■2021年2月6日〜4月18日
 ■三井記念美術館

 

肉筆画から舞台装置の原画まで。53歳と長くはないその生涯の中で多岐にわたる仕事を残した小村雪岱(1887-1940)を回顧する企画。2019年末、岐阜県現代陶芸美術館から一旦スタートした巡回展ですが、続く東京展はコロナの関係からほぼ1年順延されての開催となりました。

 

展示されている作品の大半が清水三年坂美術館の所蔵品です。
幕末明治の超絶技巧工芸コレクションで知られるこの美術館。創設者にして館長の村田理如氏の趣向と小村雪岱の結合は意外な印象を受けます。これでもかと技巧を凝らした装飾工芸品の数々と、シンプルに形のエキスそのものを線に表したような雪岱の美は一見対極に位置しているようにみえなくもありません。
監修者の山下裕二によると、清水三年坂美術館雪岱コレクションの元となっているのは画家山本武夫の旧蔵品。山本の死後、村田館長がまとめて買い取ったという経緯にあるようです。工芸品のように漸次集められたわけではなく、いわば「一気買い」された作品群。

 

戦前まで売れっ子画家だった小村雪岱が戦後急速に忘れられていったのは、50代前半での急逝と、いわゆる画壇に属さず挿絵や装丁といった商業絵画の世界を活躍の場としていたからといわれています。
2017(平成29)年7月にテレビ東京系列で放送された「美の巨人たち」でこの画家の「青柳」が取り上げられました。私はこの番組で初めて小村雪岱の名を意識。極端に単純化されたデザイン性の高い画風に惹き込まれた記憶があります。今回の企画展ポスターにはその「青柳」が採用されています。ポスターを見た時、一目で小林薫のナレーションと共にあの番組の記憶が甦ってきました。

 

どの作品にも、かたちや情感を、まるで、金魚掬いですっととりあげたような無駄のない線描がみられます。それでいて写し出された美人や景物は散らかることなく画面にピシリと張りついて観る者の視点を強烈に固定させる作用をもっている。美の取り出し方と固め方が極度に洗練された画風。だから一度観ると忘れられないのでしょう。

 

シンプルな手法が際立つ画家ですが、今回の展示で驚いたのがその舞台美術関連作品。横長の舞台装置に配された家屋や内装が織りなす写実性の高い設えは、雪岱の空間表現の見事さと確かな技巧を感じさせるものばかり。ここに描かれた設定通りに舞台が再現されたとすれば、それだけで一級の美術空間となったのではないかと推測させられます。

 

清水三年坂美術館コレクションの本流である近代工芸品が、展示に厚みをもたせるために組み合わされています。雪岱の美と呼応するように比較的シンプルな意匠の作品が取り揃えられていました。
これらの明治工芸品とは別の基軸で組み合わされた現代作家の作品も機知に富んでいます。おそらく巡回展初回を担った岐阜県現代陶芸美術館のセンスが組み込まれているのでしょう。彦十蒔絵による「鉄瓶 鉄錆塗」の時間を形に写す技巧の素晴らしさ。白井良平による「青柳」へのオマージュ「目薬と手鏡」にみる余情と余韻。面白い取り合わせでした。

 

この展覧会は事前予約制です。
当日直前までネットで受付ていますが閉館が16時と早いのでやや注意が必要かもしれません。

 

www.mitsui-museum.jp

 

森田慶一 京都大学楽友会館

f:id:karasumagaien2:20210301221510j:plain

 

3月7日まで京都国立近代美術館で開催されている「分離派建築会100年」展。
分離派建築会創立メンバーの一人である森田慶一の分離派時代を代表する建築の一つが東山近衛、京都大学吉田キャンパスに隣接する一角に残されています。

 

1925(大正14)年建造の京大楽友会館。大学創立25周年を記念して建てられたもの。森田慶一は東京帝大の出身ですが、この頃、京大建築学科を仕切っていた武田五一に招かれ助教授の任についていました。

近衛通に面して玄関を開く2階建ての鉄筋コンクリート造り。
真っ白い壁面にリズミカルな窓が並ぶ、軽快で晴朗な印象を与える建物です。
特徴的なのは玄関の上にのるアーチ型の庇とそれを支えるY字型の柱。庇にはスパニッシュ瓦の鮮やかな色彩。他方、Y字柱はマッスを主張させるためか彩色が施されていません。

森田慶一は後に『ウィトルーウィウス 建築書』を翻訳したことでも有名ですが、分離派建築会時代のこの楽友会館でも、ウィトルウィウスが重要視した建築デザイン上の三つの要素、すなわち「強さ」(フィルミタス)、「用」(ウティリタス)、「美」(ウェヌスタス)がすでに十分意識されているように感じます。

全体的には虚飾を排し大学関係者たちが集うという「用」の目的に徹しながら、がっしりとしたY字支柱からは「強さ」が視覚的にも存分に伝わってきます。そして、アーチ庇の持つ明るい美。「ウェヌスタス」は「快楽」、「喜び」とも訳される言葉。伸びやかな曲線とスパニッシュ瓦の陽性な色彩はまさに「ウェヌスタス」。「楽友」というこの建物のネーミングにも偶然かもしませんが、合致した印象を受けます。

森田は分離派建築会散開後、表現主義的要素を捨象して古典的な造形を志向していきます。ウィトルウィウスの3要素の内、「ウェヌスタス」を最も素直に瑞々しく表した森田作品が京大楽友会館といえると思います。

惜しいのはファサード上面を横切る電線。岩元碌の旧京都中央電話局西陣分局舎もそうなのですが、表情豊な建築の顔に無神経に走る黒い線が忌々しい。「分離派建築会100年」展の図録に掲載されているこの建築のファサード写真には電線が写っていないので、どういう距離と角度で撮ったのか不思議です。西陣分局舎ほど複雑に被さっていないので、ひょっとしたらデジタル修正でデリートできたのかもしれません。

 

なおこの建物は立派に現役で、内部の一室を活用したレストラン「近衛 Latin(ラタン)」では洋食を提供しています。このお店、コロナの影響からかしばらく休業していましたが3月4日から営業を再開するとのこと。京大関係者ではなくても利用できます。

 

f:id:karasumagaien2:20210301221735j:plain

f:id:karasumagaien2:20210301221837j:plain

f:id:karasumagaien2:20210301221934j:plain

f:id:karasumagaien2:20210301222058j:plain

京都大学楽友会館

www.kyoto-u.ac.jp

 

www.momak.go.jp

 

ウィトルーウィウス建築書 (東海選書)

ウィトルーウィウス建築書 (東海選書)

 

 

STEPS AHEAD アーティゾン美術館新収蔵作品展示

f:id:karasumagaien2:20210228213550j:plain

STEPS AHEAD: Recent Acquisitions 新収蔵作品展示

 ■2021年2月13日〜5月9日
 ■アーティゾン美術館

 

開館から1年。
アーティゾン美術館、最新のコレクションを全館使ってたっぷり紹介する超拡大版常設展です。

 

いつもは企画展として使用される2つのフロアも含め、4階から6階まで、広大な空間を全て自前の石橋財団コレクションで埋め尽くす。
そのボリュームだけでも圧倒される展示数。
しかも内容があまりにも多岐にわたっているので頭の中を整理しながら鑑賞しようとすれば最低でも2時間は必要と思われます。質、量共に都心の私設美術館としてその底力は群を抜く存在であることを再確認。


常設コレクションの顔でもある藤島武二青木繁による重文4作品。「天平の面影」、「黒扇」、「海の幸」、「わだつみのいろこの宮」。連続して贅沢に展示されています。それらの傑作に囲まれて新蔵品である藤島武二「東洋振り」が展示室中央に一際華やかに飾られています。
1956年、石橋財団がコレクションを形成しはじめた当初から力点をおいてきた日本近代洋画の傑作収集。その流れをアーティゾン時代でもしっかり継承していく姿勢がまず打ち出されている印象。

カイユボットの「ピアノを弾く若い男」は2011(平成23)年と比較的新しくコレクションに加わった作品ですが、以前からお馴染みのルノワールと共にこのところ常設展に出ずっぱり。美術館自慢の一枚になったようです。

松本竣介の「河岸風景」も2017(平成29)年とかなり最近の収蔵品。かつての新橋・蓬莱橋あたりを描いとされる一枚。底知れない陰翳表現に惹き込まれます。

 

ベルト・モリゾ、メアリー・カサット等、女流印象派をコレクションに加えはじめたとしていますが、女性画家という点で見ると、むしろ、今回の展覧会ポスターにも採用されているエレイン・デ・クーニングに代表される抽象画家たちの方に質の高い作品が揃えられていると感じました。その大胆さと繊細さを兼備した表現。
オーストラリア、アボリジニを出自とするアーティストたちの鮮烈な色彩をまとった絵画も近年のコレクション。多様性への目配りも感じられます。

 

ブリジストン美術館閉館後5年間。長いとも短いともとれる時間。
この間、じわじわとマスターピースを買い揃える一方で、一気にコレクション化した一群が見られます。
例えば「瀧口修造実験工房」関連の作品。
今までの収集傾向からはやや逸脱しているようにみえますが、展示されている作品から伝わる独特の異空的洗練は、ヴェネツィアビエンナーレで日本人作家を多年にわたって支援してきたこの美術館の現代的センスを想起させます。
「具体」のコレクションも本家兵庫県美術館に質の面ではまったくひけをとらない傑作揃い。

クレー、カンディンスキーマチスデュシャン等、総花的に収集するのではなく、一定の「好み」をもって作家単位で集めていく姿勢は私設系ならではでもあり、その審美眼は連綿と維持されているようです。

 

とにかく見どころ満載。海外からの出張品がなくとも十分一つの私設コレクションだけで多彩かつ濃密な美的体験が味わえることを体現した見事な展覧会。
コロナの制約を奇貨として各々の国内美術館が所蔵品だけであらためて実力を示す企画がもっとあっても良いのではないかとも考えさせられました。

 

f:id:karasumagaien2:20210228213905j:plain