神坂雪佳と中村芳中 

つながる琳派スピリット 神坂雪佳

 ■2022年4月23日〜6月19日
 ■細見美術館

 

神坂雪佳(1866-1942)といえば、絵師・画家というよりも、工芸の図案家という印象が強い人です。

染織や漆芸の工程そのものに若い頃から関心を示し製作もしたというこの作家の本領は工芸と密接に関わっていて、実際、代表作といわれる作品の多くが器物に写された図案、デザインです。

 

つい先頃も細見美術館のご近所、京都国立近代美術館のコレクション展で、洗練の極みともいうべき鶴をあしらった木箱が展示されていました。

ちょうど本展が開催されている5月、御所の中に渡御する下御霊神社の御神輿には、弟の祐吉による螺鈿細工とともに、雪佳のデザインが格狭間にみられます。

京都市内では神坂雪佳の図案を見ない月の方が少ないかもしれません。

 

神坂雪佳「花山院好桐色絵短冊箱」(京都国立近代美術館コレクション展から)

下御霊神社「漆塗螺鈿装鳳輦型神輿」(全体設計は出雲路通次郎)

 

しかし、陶器や木箱に表される図案といっても、もとは「絵」です。

本展では、図案家雪佳の中にある画家性に焦点をあわせていて、いわば「絵師としての神坂雪佳」に迫ろうという企画意図が感じられます。

その絵師雪佳のベースに流れる精神として「琳派」を絡め、細見コレクションから選ばれた琳派本流の逸品がプロローグ的に置かれていました。

 

図案家として大成した雪佳ですが、まずは四条派の絵師に弟子入りしています。
大正期を中心に描かれた日本画が何幅か展示され、花鳥画文人画風の作品が紹介されていました。

花鳥画には一見して酒井抱一あたりのすっきりした江戸琳派的センスが見受けられます。

 

しかし、どうも絵の収まり方がおかしい、のです。

 

写実の情報をある程度捨象しつつ洗練された色彩と造形によって一幅を仕上げる手法は確かに琳派風なのですが、雪佳が描くと、対象そのものが、背景からどことなく遊離していて、絵の「空気」に馴染んでいないように感じられてきます。

 

その最も端的な例が、大作「四季草花図屏風」(細見美術館)。

大正末から昭和初期頃に描かれたという六曲一双の豪華な金屏風です。

一つ一つの草花は見事な技術で描かれていて、本展でも紹介されている鈴木其一の「春秋草木図屏風」(細見美術館)よりもむしろ豪華、かつ、鮮烈なくらい。

表面的にはいかにも「琳派らしい」といえるかもしれません。

でも、全体としてみると、江戸琳派の趣からは遠く感じられてくるのです。

その理由は、草花がそれぞれ構図上ほとんど「連関」していないところにあるように思えます。

美しい草花が、それぞれ、それぞれに、あるのです。

かといって、本草学的な写実を目指して描かれているわけでもないので、「あり得ないほど整えられた花壇」が金箔の中に浮いているように見えてきます。

「絵画」と「図案」が、奇妙なまでに、どちらにも偏らず混ざり合った雪佳独特の世界が出現しています。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f3/Kamisaka%2C_Sekka_-_Flowers_of_the_Four_Seasons_1.jpg?uselang=ja

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e7/Kamisaka%2C_Sekka_-_Flowers_of_the_Four_Seasons_2.jpg?uselang=ja

 

その雪佳が、おそらくかなり意識していた絵師がいます。

京都生まれながら大坂画壇で活躍した江戸後期の大絵師、中村芳中(?-1819)です。

近年発見されたという芳中の「枝豆露草図屏風」という小品が展示されていました。

図録の解説によれば、この屏風は神坂雪佳が所蔵していたのだそうです。

銀地にたらし込みの技法をこれでもかと駆使して表現された異様な迫力をもった作品。
技法的には琳派の影響が如実に表れています。

しかし、江戸琳派とは明らかに違う、図案性と絵画性が渾然一体となった不思議な魅力を備えています。

つい先日まで京都国立近代美術館で開催されていた「サロン! 京の大家と知られざる大坂画壇」展では中村芳中の代表作といわれる「四季草花図屏風」が展示されていました。

実にさまざまな草花が鮮やかに描き込まれた大作金屏風。
大英博物館のコレクションです。

www.britishmuseum.org

 

驚くのは、その草花の扱いに雪佳と同じ方針が取られているということ。

全体の空気感、「収まり方」を意識している江戸琳派に対し、中村芳中の描き方は、どこか「カタログ」的なのです。

四季の草花が集められているものの、ほとんど脈絡はなく、それでいて草花自体は非常に美しく写されています。

つまり、雪佳の「四季草花図屏風」と、基本、同じコンセプトといって良いと思います。

当然に芳中の方が雪佳の先人にあたります。
影響を少なからず受けた可能性があるかもしれません。

 

描く「対象」をどう世界から切り取って、ふたたび「絵」または「図」として再現するか。

琳派の系譜の中に神坂雪佳はたしかにいるわけですが、光悦・宗達光琳・乾山ー抱一・其一の、いわば「本流」とはちょっとズレたところに独自の美意識を主張した人とも思えてきます。

そしてその「ズレ」の分岐をなしたかもしれない絵師が中村芳中

発見があった展覧会でした。

秋には汐留のパナソニック美術館にも巡回します。
もう一度、観てしまう、かもしれません。

 

www.emuseum.or.jp

 

 

 

陽明文庫と永青文庫 二つの金琺瑯

現在、MIHO MUSEUMで開催されている「懐石の器」展(2022年3月19日〜6月5日)では、近衛家熙(予楽院)が催した茶懐石に因んだ展示コーナーが設営されています。

中でも特に目をひく器が「白磁無地金彩馬上盃」。

別名「金琺瑯」(きんぽうろう)、陽明文庫の所蔵品です。

懐石の器 炉の季節 – MIHO MUSEUM

 

近世宮廷文化に関係した展覧会等に出展されることが多い工芸品です。

私は、2008(平成20)年、東京国立博物館で開催された「宮廷のみやびー近衛家1000年の名宝」展で初めてこの作品を目にしました。

つい最近、昨年2021年7月、京都国立博物館が開催した「京の国宝」展にも出展されていて、久しぶりにその美しさに感銘を受けたばかり。

そして今年、信楽の山奥でまた再会。

何か因縁めいてきたので気になり、昔の図録を引っ張り出して調べてみました。

 

非常に特異な形状をしている器です。

お椀の下に長い脚台がついています。

「馬上盃」と呼ばれる形状で、この脚台は馬の上で酒を飲むためにつけられた把手のようなものと解釈されるようです。

しかし、蓋までついた「金琺瑯」のデリケートな姿をみると、豪快に馬上で使われることが想定されているとはとても思えません。

近衛家熙はこの器を「菓子器」として使っていました。

家熙による茶会の内容を記録していた山科道安の日記『槐記』には、実にさまざまなお菓子が金琺瑯に盛られて供されたことが記されているそうです。

ただ、馬上はともかく、懐石の場で使われるにしても、あまりにも不安定な形をしています。

MIHO MUSEUMの展示では、蔓のような繊維で編まれた台座が金琺瑯を繊細に支えていました。

 

それにしても奇妙なくらい洗練されたデザインです。

金一色でムラなく塗られた外観。

蓋の上に鳥のような造形が確認できます。
かなり抽象化されていて、全体としてモダンな雰囲気すら漂わせています。

蓋がついている状態で展示されているため、器の内部を見ることはできませんが、見込には丸くデザイン化された漢字で「萬壽斉天」とうっすら刻まれているのだそうです。

 

琺瑯は日本で作られたものではありません。

 

現在、金琺瑯についておそらく最も詳しい知見をもっていると思われる京博学芸部 尾野善裕部長の解説(「京の国宝」展図録P.250)を参考に、近衛家の名宝を守ってきた陽明文庫にこの器物が収蔵されたプロセスをたどってみると、以下の通りです。

 

18世紀前期、近衛家熙に金琺瑯をもたらした人物は息子の近衛家久です。

関白を務めていた家久へ、親しい関係にあった薩摩藩島津家がこの器を贈答。
それを前関白の父親に家久が献上しました。

島津家は金琺瑯を当時の琉球王国から入手しています。

近年、琉球の正史である『中山世譜』と、清朝の公文書、その双方に、金琺瑯のことを指していると思われる記述が確認されました。

このことから、金琺瑯は、1723年、清の雍正帝即位にあたって派遣された琉球使節団に皇帝から下賜された品々の中に含まれていたことが確実視されているのだそうです。

つまり、この小さな黄金に輝く異形のモダン陶器は、清朝から琉球、薩摩、そして京都の近衛家と到来したということになります。

 

おそるべき由来をもった器に予楽院はお菓子を盛って懐石の場を楽しんでいました。

なんとも壮大かつ可憐なエピソードです。

当時の清朝帝室陶器工房がもっていた技術力と洗練されたセンスにも驚きます。

尾野部長によると、陽明文庫の金琺瑯とほとんど形状を同じくする器が台湾の故宮博物院にも収蔵されているのだそうです。

 

と、ここまで陽明文庫の金琺瑯について確認してみました。

ただ、実は、日本にはもう一つ、これによく似た器が残されているのです。

 

永青文庫が所有している「金琺瑯蓋付馬上盃」。

関口台の永青文庫内でも展示されたことがもちろんありますが、2010年、東京国立博物館で開催され、京博や九博にも巡回した「細川家の至宝」展でも展示されています。

東博今井敦特任研究員がこの器の解説を図録の中で執筆しています。

永青文庫の金琺瑯

シンプルなドーム上の形状を持つお椀部分に把手のような脚台がついた「馬上盃」スタイル。
なめらかに全面コーティングされた金。

どう見ても陽明文庫の金琺瑯と同系統の器です。

違いは蓋の上にのっている動物で、陽明文庫の鳥に対し、永青文庫では獅子になっています。

内部に彫られた漢字も違っていて、陽明文庫は「萬壽斉天」でしたが、永青文庫では「上元笈第」となっているそうです。
ただ、見込に4字と底に1字を彫り込んだスタイルは両者一致しています。

 

永青文庫の金琺瑯を入手した人物は、他ならない、細川護立です。

周知の通り、細川家と近衛家は非常に近しい関係にありますから、永青文庫の金琺瑯近衛家とのつながりからもたらされたもの、とみてしまいがちですが、事実はそうなっていません。

東洋美術のコレクションにも熱心だった護立に金琺瑯をもたらしたのは、今も続く日本橋の老舗古美術商、「壺中居」の広田松繁(不狐斎)でした。

もともとは三井家に伝わった品といわれています。

つまり、細川護立の金琺瑯入手経路は、近衛家とは全く違ていて、近代に入り、いわば、普通に古美術商から買った、ということになります。

ただ、三井の前は誰が持っていたのか、それは謎です。

もし近衛家熙がこの「獅子」を持つ金琺瑯も所持していたとすれば、几帳面な山科道安が『槐記』に記載しているはずですが、それが確認できないところをみると、別ルートで三井家に入ったと考えざるを得ません。

なお今井特任研究員によれば、永青文庫の金琺瑯と同じパターンの器が、東洋美術で有名なスイスのバウアー・コレクションにも収蔵されているのだそうです。

 

近衛家と細川家、ゆかりの深い両家の「文庫」各々に金琺瑯が伝来しているわけですが、それぞれ全く違う経緯で入手しているところが、ミステリアスな魅力をも付加しています。

 

もとをたどれば、雍正帝から琉球国王に贈られた由緒をもつとみられる陽明文庫の「金琺瑯」。

現在、東博では沖縄本土復帰50年記念の「琉球」展が開催されています。

金色に輝くこの器は、信楽ではなく、上野で披露された方がタイミングとしてはふさわしかった、かもしれません。

 

《参考図録》
「宮廷のみやびー近衛家1000年の名宝」(2008年 東京国立博物館他)
「細川家の至宝 珠玉の永青文庫コレクション(2010年 東京国立博物館他)
「京の国宝」(2021年 京都国立博物館他)
「懐石の器」(2022年 MIHO MUSEUM)

陽明文庫の金琺瑯

www.tnm.jp