「モダン建築の京都」展 (京都市京セラ美術館)

f:id:karasumagaien2:20211002205952j:plain

 

京都市京セラ美術館開館1周年記念「モダン建築の京都」
 ■2021年9月25日〜12月26日
 ■京都市京セラ美術館 東山キューブ

 

建築をテーマとした展覧会につきまとう決定的なジレンマは、絵画などと違い、本来主役となるべき建築作品そのものを実物展示することができないというところに生じます。

結果、設計図面や模型、内装の一部、家具、竣工当時の写真、建築家ゆかりの品々などを展示することで内容を構成し、これに映像などを組み合わせて擬似的な臨場感をもたせるようなスタイルをとることが多い。

実際この「モダン建築の京都」展でも上記のような手法が駆使され、鑑賞者を飽きさせない工夫が全編に散りばめられていますが、この手法自体は、特に目新しいものとはいえません。

 

しかし、「モダン建築の京都」展は、とてつもなく画期的な魅力を放ってもいます。

それは、取り上げられている建築作品そのものが、会場の外、すぐ近くに、実際、出現してしまうという圧倒的なダイナミズム。

会場となっている京都市美術館の向かいには京都府立図書館(外壁保存)、北には平安神宮、疏水に沿って東に歩けば無鄰菴。中小規模の建築を含めると四方八方「モダン建築」だらけです。

徒歩圏内に限らなくても、バスなどを使えば、展覧会を構成する主要な建築物のほとんどをさほど時間をかけずに鑑賞できてしまう。

例えば京都市美術館のある岡崎から四条河原町にバスで向かえば途中に旧レストラン矢尾政、現東華菜館の装飾美。
東山通を南下して京都駅に向かえば京都国立博物館の華麗な煉瓦建築が目に入ってきます。
どの主要ルートを通っても「モダン建築」に遭遇せず帰ることは難しい。

都市京都に点在する建築物がこの展覧会から放たれる何本もの無色透明な延長線上に実際出現してしまう面白さ。

つまりこの「モダン建築の京都」展の正体は、東山キューブという閉鎖空間をコアにしながら、実は、都市京都そのものを舞台にした巨大な建築展ということができると思います。

人が簡単に移動できる程よい面積の中に「生きた近代建築」の傑作が縦横に姿を現す街。

東京や大阪も素晴らしいモダン建築がたくさんありますが、これほど展覧会自体と都市空間自体が濃密に関係する企画を成立させるのは難しいかもしれません。

 

取り上げられている建築の中で最も古いものは1878(明治11)年の同志社新島襄旧邸。1972(昭和45)年の京都大学総合体育館まで、約100年間の中で建てられ、維持保存、活用されてきた京都を代表する近代建築が取り上げられています。

単に古い建築から歴史を下降していくのではなく、一定のテーマに沿って展示が区切られています。

琵琶湖疏水や第四回内国勧業博覧会を契機として近代化していく京都を象徴する建築物から始まり、府庁舎・市庁舎といった公共建築、商業建築、住宅、教育関連施設などがそれぞれ手際良くまとめられています。

京都工芸繊維大学研究室他による建築模型の緻密さも素晴らしいのですが、中には伊東忠太祇園閣」の模型(大倉集古館蔵)のように設計当時の生々しい異様さを直接伝えてくれるような作品もあります。

実際の建築作品鑑賞への導火線という意図にとどまらず、展示物自体のクオリティもこの種の企画にしてはかなりレベルが高いと感じました。

実物展示としては、長楽館から贅を凝らした調度品の数々が出張しているのをはじめ、本野精吾によるシンプルかつ重厚な家具など、保存状態を含めて貫禄の質感を醸し出しています。

そして、なにより、会場となっている京都市美術館。この建物自体が展覧会を構成する作品自体の一つです。

リニューアル1周年記念として3ヶ月間の長期展示にふさわしい内容だと思います。

 

贅沢を言うとすれば、これほど近代建築が残されている京都とはいえ、少なからぬ傑作が消えてしまった歴史を少し振り返って欲しかったところでしょうか。

端的が例が烏丸通界隈の銀行建築群です。

四条烏丸北東を占めていた旧三井銀行京都支店の建築が比較的早く一部分を残して解体されてしまったのは時代的にやや仕方がないにしても、向かい合う桜井小太郎の名作旧三菱銀行京都支店は保存の声が高まっていたにもかかわらず解体され平凡なオフィスビルに。三井銀行と同じようにコーナーの一部を申し訳程度に残しているところがかえって無念さを助長させているように見えてしまいます。

同じ交差点北西角で三井三菱に無理に張り合っていたような旧三和銀行ギリシア風巨大列柱やその南でクリーム色の軽快な外観を景色に添えていた旧住友信託の建物は痕跡すら残っていません。

烏丸通にあった旧住友銀行京都支店のやや陰鬱ながら豊なグレーが印象的だった建築も消えてしまいました。

ハリボテ的なレプリカ建築となってしまった旧第一勧業銀行京都支店をめぐってなされた議論も含めて「モダン建築の京都」のダークサイドもちょっとこの展覧会場で回顧してくれたら、さらに企画に厚みが増した、かもしれません。

 

f:id:karasumagaien2:20211002210016j:plain

フランソア喫茶室の椅子(会場内)

 

f:id:karasumagaien2:20211003225807j:plain

平安神宮

f:id:karasumagaien2:20211003225902j:plain

琵琶湖疏水 水路閣

f:id:karasumagaien2:20211003225950j:plain

京都国立博物館

f:id:karasumagaien2:20211003230024j:plain

無鄰菴洋室天井

f:id:karasumagaien2:20211003230344j:plain

本願寺伝道院

f:id:karasumagaien2:20211003230420j:plain

日光社七条営業所(富士ラビット)

f:id:karasumagaien2:20211003230544j:plain

日本銀行京都支店(京都文化博物館別館)

f:id:karasumagaien2:20211003230630j:plain

レストラン矢尾政(東華菜館)

f:id:karasumagaien2:20211004001644j:plain

祇園

f:id:karasumagaien2:20211004001714j:plain

フランソア喫茶室

f:id:karasumagaien2:20211004001821j:plain

京都タワー

f:id:karasumagaien2:20211005185506j:plain

京都市美術館



kyotocity-kyocera.museum