「村田理如 蒐集の軌跡I」展 

f:id:karasumagaien2:20201216213506j:plain

開館20周年特別展示 村田理如 蒐集の軌跡 I
 ■2020年11月21日〜2021年2月7日
 ■清水三年坂美術館

 

清水三年坂美術館の創設者にして館長である村田理如氏が自らの蒐集遍歴を開陳するというユニークな企画。

2000年の美術館開館から20周年を記念して開催されています。
美術館2階のスペースを使用。
1階は普段通り、漆工から刺繍絵画まで幕末明治の工芸品によるコレクション陳列が楽しめます。

 

化石から並河靖之の七宝まで、実に多彩な品々が置かれています。

一見、雑多に集められたように感じられます。
しかし、ある一貫した趣向がみえてもくるのです。
中でもエミール・ガレの作品群に村田コレクション形成に関するヒントが隠されているように思われました。
ガレへの趣向を因数分解することによって村田理如の蒐集精神を探ってみると、面白いことに気づくと思います。

 

まず「集める」という傾向。
10数点のガレ作品が展示されています。
北澤美術館のような世界的ガレコレクションに比べればわずかな点数ですが、さほど長い時間をかけたわけでもない一個人の所有数として決して少なくはありません。
展示にはドームや、他のアール・ヌーヴォー作品はありません。
どうやらガレだけに焦点があわされている。
好きになったら集中して特定作家の品を集める。

切手が展示されています。少年時代の切手収集は珍しいことではありませんが、「集める」ということそのものへの強い執着は、かなり早い時期から村田氏の中にあったと見られます。

 

ガレの花瓶に飛び交うカゲロウなどの虫たち。
これと呼応するのは若い頃に集められた多数の化石。
中には蜻蛉など、はっきり形状を残している化石がみられます。
そのままガレのガラスに舞ってもおかしくないような古代の虫たち。
工芸といってもいいくらい美しく閉じ込められた生命の痕跡。
静物的に形が極まった昆虫や植物の姿を好む趣向が伝わってきます。

 

光に照らされて千変万化に色彩がうつろうガレの器。
万華鏡やバカラミルフィオリのペーパーウェイト、自然銀などの煌びやかな鉱物コレクションはこうしたガレの世界と共通する部分があります。

 

美しく凝固した昆虫や植物、みる角度によって多彩に表情をかえるミネラル。
これはまさに並河七宝の世界です。

幕末明治の超絶技巧工芸品に村田氏が出会ったのは1980年代の後半。
中年にさしかかろうという頃。
切手、化石、鉱物。最後にガレと遍歴し、ついにこの美術館コレクションの形成が始まったことになります。
実に一貫したテイストが示されています。
展示品によって自らの趣味に関するプロフィールを語り尽くす。
ちょっと恥ずかしいくらいで、村田氏の率直そうな人柄がにじみ出てくるようです。

しかし、幅広い村田コレクションの中で、一つ重要な分野が欠落していることにも気づきます。
陶芸です。
もちろん京薩摩のとてつもなく美しい作品群があるのは承知しているのですが、漆工、金工、七宝、彫刻、刺繍、根付印籠とみてくると、いかにも陶芸は限定的。
例えば超絶技巧派工芸家の第一人者、初代宮川香山の作品はみあたりません。
田邊哲人が全て香山の作品を買い占めたというわけでもないでしょうに。
「集める」というこの人の趣向からすると、どうも不自然に陶芸分野は避けているようにも思えてしまう。

村田理如氏は周知の通り、村田製作所創業者の次男。
この会社はセラミック、つまり陶器の技術で発展しました。
兄弟は社長職についています。
あまりにも家業と縁がある「陶器」の世界は、ある意味、趣味の世界に没入しすぎた村田氏には「近すぎた」のかもしれません。
これはあくまでも邪推にすぎませんが。

 

12月中旬現在、清水三年坂美術館は事前予約不要。連絡先記入や体温チェックなど煩わしいコロナ儀式を求められることはありません。
平日の昼下がり、入館者は数えるほど。とても快適でした。

 

幕末・明治の工芸―世界を魅了した日本の技と美

幕末・明治の工芸―世界を魅了した日本の技と美

  • 作者:村田 理如
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: 単行本