メゾン・エ・オブジェ @ 高島屋

 

デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展

 ■2022年4月28日〜5月9日
 ■髙島屋京都店7階

 

メゾン・エ・オブジェ(Maison et Objet)はパリで原則毎年2回開かれているインテリアの大規模国際見本市です。

本展はそれをそのまま日本にもってきた、というわけではもちろんなくて、1995年にスタートしたこの国際展示会の足跡やコンセプトのエキスを抽出して紹介するという企画。

主催は髙島屋と朝日新聞

今年3月の日本橋髙島屋での展示を皮切りに、京都店、名古屋店(8月17日〜30日)と巡回。

日本橋での展示を見逃してしまったため、四条河原町で鑑賞することになりました。

 

www.maison-objet.com

 

 

大きく3つのパートから構成されていて、まず最初にMaison & Objetが顕彰してきた歴代アワード受賞者の作品展示、次いでこの見本市からみたインテリアデザインの最新動向を紹介する"What's New?"のコーナー、最後に若手デザイナーに注目した"Rising Talent Awards"が置かれています。

 

"Designer of the Year"、歴代アワード受賞者の作品陳列コーナーが、やはり、一番見応えがありました。

1999年のパオラ・ナヴォーネから2022年、つまり今年の受賞者フランクリン・アジまで、21名、40点の作品が展示されています。

 

パオラ・ナヴォーネ(Paola Navone)は1999年当時、すでに十分実績がある、もはや重鎮ともいえるデザイナーだったと思います。

そういう人を最初の「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に選定していることからも、全体として、メゾン・エ・オブジェが、まずは穏当な大家主義からスタートしたことが推測できると思います。

 

それを裏付けるように翌年、2000年の受賞者はフィリップ・スタルク(Philippe Starck)、01年はジャスパー・モリソン(Jasper Morrisson)と、いまさら賞をもらっても、という大物が連続しています。

 

吉岡徳仁は2012年、日本人としてアワードに初登場。
スタルクやモリソンと比べると「大家」という感じは受けませんが、この人も00年代、すでにたいそうな実績を内外であげていましたから、受賞に唐突感はありません。

 

吉岡徳仁

 

2015年には佐藤オオキのnendoが受賞しています。
どうやらこのあたりから、メゾン・エ・オブジェの顕彰方針は、いわゆるマエストロ主義にさほどこだわらす、それよりも「現役感」が強い作家、あるいはデザイン集団に重点をおくように変えられたように感じられます。
なんとなく、ですけれど。

 

2020年には、今や照明デザイナーとして芸術的にも商業的にも大成功を収めているといっていい、最旬の人、マイケル・アナスタシアデス(Michael Anastassiades)が選ばれています。

マイケル・アナスタシアデス

約四半世紀に及ぶ、時代をある側面で代表した椅子や照明デザインの流れがコンパクトに追えるという意味で面白い展示でした。

 

フィリップ・スタルクは「銃」を照明スタンドのデザインとして採用し、この人らしいケレン味で遊んでいますが、2020年代の今、もはやこういうテイストが受け入れられる雰囲気ではなくなってしまいました。

ただスタルクの照明には他にもっとスタティックな美観を持った作品もありますから、この黄金銃ライトスタンドだけで彼を代表させてしまうのはちょっとかわいそうな気もします。

ジャスパー・モリソンのように代表作がそのまま展示されている例はわかりやすいのですが、スタルクや吉岡、アナスタシアデスなどに関してはもっとふさわしい作品があるのではないか、とも感じました。

 

フィリップ・スタルク

今年、2022年の受賞者であるフランクリン・アジ(Franklin Azzi)はアナスタシアデスに比べると知名度がぐっと落ちる人かもしれません。

1975年生まれですから、世代としては佐藤オオキあたりと被っていて、すでに実績十分の人と見られますが、今回はじめてその名に接した作家です。

wikiによると、2004年、バリバレがオープンさせた東京でのショップデザインを手掛けたとされています。

しかし渋谷にあったというそのバリバレ自体、もう日本から撤退しているので、確認しようがありません。

現在はパリ、モンパルナスタワーのリニューアルプロジェクトを任されているのだそうです。

そのアジの作品が、「現在」の味をよく出していると思いました。

スタルク風の遊びや官能、吉岡の洗練されたマテリアル感などからは遠く隔たった、静かに優しく設計された椅子。

デザインそのもののもつ迫力はありませんが、柔らかく日常の美しさが滲むような雰囲気があります。

フランクリン・アジ

夥しい新作で埋め尽くされた"What's New?"のコーナーや若手注目作家の特集も、さらっと眺めることができて、楽しめました。

中でもイサム・ノグチに挑戦したという坂下麦の照明は、素直な手技の美しさがあって惹かれました。

坂下 麦